鉾田市の農業

鉾田は日本で一番
やさいを作っている街です。

東は太平洋,北は涸沼(ひぬま),
南は北浦に囲まれた広大な大地に
海のはるか彼方から登ってくる
太陽が隅々まで光を注ぎます。
そして一年を通して温暖な気候に恵まれ,
まさに鉾田市は「農業」に
うってつけの環境に恵まれています。
代々おじいさん,おばあさんの時代から
おいしい農産物を作るために
土を耕し,水をやり,様々な工夫をしてきました。
今では日本じゅうに鉾田の農産物が送り届けられ,
数えきえないほどたくさんの
食卓を支えています。
街のいたるところに建つ
ビニールハウスや青々と繁った畑で
名人たちが丹精込めて育てた農産物が
全国各地に出荷されます。
メロン,いちご,トマト,みず菜,
かんしょ(さつまいも)ごぼうなど
鉾田市は全国でも指折りの生産地なのです。
鉾田市は農林水産省が発表する
市町村別の農業産出額「野菜部門」で
全国第一位に輝きました。

菜果の国 鉾田
鉾田市は日本で一番
やさいを作っています。

ページの先頭へ戻る